E-field イーフィールド

掃除屋のたわごとのご案内


HOME>掃除屋のたわごと
掃除屋のたわごと
ここではお掃除に関するアイデアなどをご紹介しています。
日頃のお掃除にお役立てください。
市販のエアコン洗浄スプレーについて
今回はお客様との会話の中でよく出てくるエアコン用の洗浄スプレーについてのお話です。
最近、ホームセンターなどでよく見かけるエアコン洗浄スプレー、お手軽で良さそうですが
「少々難あり」のようです。
今までにお客様からお聴きしたところでは、
使ってみたがきれいにならない。
変な臭いがついた。
送風口やその奥が掃除ができない。
というご感想が多く、満足度は低いようです。
また、スプレーによる中途半端な洗浄がドレンホース(排水ホース)を詰まらせ、水漏れを起こしていた例を複数確認しております。電気部分に洗浄液がかかってしまい故障させてしまったお客様もいらっしゃいました。
洗浄スプレーをご使用になるかどうかはお客様の判断ですが、デメリットがある事は知っておきましょう。
エアコンは精密部品がいっぱいの高額家電です。洗浄時の故障などを考えると、DIYはデメリットが大きすぎます。経験豊富なプロに任せてしまう方が得策ではないでしょうか?
ページの上部へ戻る

もらいサビの落とし方
洗面所でついつい置きっ放しにしてしまったヘアピン。取ってみるとヘアピンの形のサビが・・・そんなときに有効な方法です。
■用意するもの スポンジ、少量のお湯(40℃〜50℃)、還元系漂白剤(ハイドロハイター)、
雑巾
手順
まず、還元系漂白剤を用意してください。ハイドロハイターという商品名でドラッグストアの漂白剤コーナーなどで売られています。
ハイドロハイターを少量、サビの部分にふりかけます。
お湯を吸わせたスポンジで、ハイドロハイターをなじませるように、ふりかけた部分を軽くこすります。
数分放置します。(サビの具合で加減してください。)
スポンジでもう一度軽くこすり、固く絞った雑巾できれいに拭き取ります。
【注1】サビの落ちが悪い場合はA〜Dを繰り返します。
Cの時間を長くするのも有効です。
【注2】変色しないか目立たないところであらかじめテストしてください。
ハイドロハイターは漂白しすぎて黄ばんだ衣服を白くするために使われるのが本来の用途ですが、もらいサビにも効果があります。小さな容器で売られていますので常備するにも便利ですよ。
ページの上部へ戻る

窓拭き(ワイパーでピカピカの仕上がり)
簡単な作業なのになぜか上手く仕上がらないのが窓拭き。拭きムラがでるし雑巾の繊維がくっつくし・・・めんどくさい!
やはりキレイに仕上げるにはワイパー(スクイジー、スキージーともいいます。)が必要です。
窓拭き職人さんの華麗なテクニックをマネせず、上から下へまっすぐに動かすのがキレイへの近道ですよ。
手順
まずガラスに洗剤をなるべく均一にスプレーます。
吹き付けすぎるとやりにくいので気をつけてください。
次にワイパーを押し当てます。あまり強く押し当てるとスムーズにできません。
上から下へ一気に降ろします。ガラス面とゴムの当たる角度が一定になるように手首を動かすのがコツです。押し当てる力も一定に!
下まできたら雑巾でワイパーを拭きます。これが重要です。これを怠ると次のひとかきの時にスジ残ります。
ABCを繰り返して全面の洗剤をかきとります。
端まで来たら拭き残しを雑巾で拭いて終了です。

晴れの日や風の強い日は洗剤の乾きが早く、作業にスピードが求められます。慣れないうちは風の無い曇りの日に行なうことをおすすめします。最近はホームセンターでいろいろな種類のワイパーが売られていますので気に入ったものを探してくださいね。
ページの上部へ戻る

お風呂のカビ対策(換気扇)
浴室掃除で悩ましいのがカビですよね。壁や天井に黒い斑点があると気が滅入りますよね。
カビ取りは面倒くさいので、できることなら回数を減らしたい! ということで、カビ取り後の簡単なカビ対策。
浴室がカビの繁殖に最適な環境であることは皆さんご承知だと思います。でも、浴室をカビの繁殖に適さない環境に変えることは難しいんです。
換気扇でカビの胞子を強制排出!
環境は変えられなくてもカビさえいなければ当然繁殖しない。
そこで、カビの胞子を強制的に排出してやるのです。つまり、換気扇を24時間つけっぱなしにするということです。かなり効果が期待できます。
でも、電気代がもったいない・・・大丈夫です。通常の浴室換気扇ならほとんど無視できるレベルです。それに換気扇はかなり丈夫ですので、つけっぱなしでもまず耐久性に問題ありません。
ぜひお試しください。
ちなみに我が家では今の家に引っ越してから4年間つけっぱなしです。(冬の入浴時のみ寒いので切っています。)
ページの上部へ戻る

スチールウールの使い方
ボ○スターなどが有名な粉洗剤入りのスチールウールはキッチンまわりの頑固な汚れに良く使われますが、他にもスゴク有効な箇所があります。それは水まわりのクロームメッキ部分です。
お風呂のカランやタオル掛け、キッチンや洗面所の蛇口に特に便利です。
使い方は、水を含ませたスチールウールをクシュクシュやって「軽く」こするだけ。「軽く」がミソです。
こすり終わったら水をかけて洗剤分をきれいに洗い流します。
ゴシゴシこすると傷がついてせっかくの輝きがなくなってしまいます。あくまで「軽く」様子を見ながら行ってください。
水あかやセッケンかすが取れた蛇口は輝いて美しいですよ!大掃除のときにどうぞ。
ページの上部へ戻る

浴室のクリーニングについて
どこのご家庭のお風呂にも風呂用洗剤とカビ取り剤は置かれていると思います。
ポイントはアルカリ性の油汚れ用洗剤です。有名な洗剤ではマジックリンですね。
バスマジックリンではなくて普通のマジックリンですよ。家庭用としては安いし、使い勝手がいいですね。
汚れに応じて洗剤を使い分けてくださいね。ただし、それぞれの洗剤が混じらないように気を付けてください。有毒ガスが出ます。しっかりシャワーで洗い流してから次の洗剤を使ってください。
ページの上部へ戻る

エアコンのカビ対策(冬編)
最近のエアコンは暖房効率も上がってきて、電気代のわりに温まらないなんてことは少なくなりました。それでもやっぱり足元から暖かいガス・灯油の暖房の人気は根強いようです。
そこで、冬場にエアコンを使用しないご家庭へ簡単アドバイス!
時々使いましょう!
なんだか簡単すぎる内容でピンと来ないかも知れませんが、カビ対策として効果があります。
まず、冬のエアコンの状況を考えてみましょう。
手順
壁が冷えるため壁に取り付けられたエアコンも当然冷える。
ガス・灯油暖房によって生まれた高温多湿の上昇気流が天井付近にたまる。
Aの高温多湿の空気が冷えたエアコンにあたり、エアコン内部を結露させる。
たっぷりの水分と高温はカビの絶好の繁殖環境になる。

おわかりいただけましたでしょうか?
実は冬のエアコン内部は使っても無いのにカビの繁殖場所になってしまっているんです。そこで、時々エアコン(暖房運転)を使い、エアコン内部を強制的に乾燥させてしまうのです。一回につき1時間程度、週に2〜3回も運転させるとかなり違いますよ。是非、お試しください。
ページの上部へ戻る

エアコンのカビ対策(夏編)
最近のエアコンには、カビ対策の機能がついている物が多くなっています。しかし、その機能を使いこなせてないお客様を多くお見受けします。エアコンの取扱説明書なんてなかなか読まないですから無理もないです。そこで、簡単カビ対策をひとつ。
冷房または除湿後には必ず送風運転!
送風運転によってエアコン内部を乾燥させ、カビの繁殖を抑えるのが目的です。エアコンの使用状況によりますが、通常は1〜2時間ほど運転させます。切タイマーを使うと便利です。乾燥が遅いようならもう少し時間を延ばします。
送風はコンプレッサーを使わないため電気代もほとんど無視できるレベルです。是非、積極的に行ってみて下さい。
最近のエアコンには送風機能が無いものもありますので、その場合は空気清浄機能で対応してください。
ページの上部へ戻る

ガラスに付いたシールの取り方
■用意するもの カッター、台所用ラップ、水
手順
ガラス表面を傷つけないよう注意してシール上にカッターでタテ、ヨコに細かいキズを作ります。
シールにたっぷりの水をかけ、すぐにラップを張り付けます。
そして、そのまま20分ほど待ちます。
ラップをはがしてシールを手でこすります。
最後に、キレイに拭き取れば作業完了です。

一度、試してみてくださいね!

ページの上部へ戻る

布製のぬいぐるみの洗い方
■用意するもの ヘアシャンプー 小さじ1杯、ぞうきん、水、ブラシ
手順
毛並みと逆にブラッシングしながら掃除機をかけます。
水1?にシャンプーを加えた溶液を固絞りのぞうきんにつけ、手で触って色が濃くなる方向に拭きます。
水で固く絞ったぞうきんで洗剤分をしっかり拭き取ります。
濡れてるうちにブラシで毛並みを整え乾燥させて終了です。

必ず目立たない部分で色落ちテストをして下さい。高級品、アンティーク物は特に注意してください。

ページの上部へ戻る

エアコンフィルターの洗い方
フィルターについたホコリはアレルギーの原因とも言われています。
キレイにそうじして快適空間を作りましょう!
手順
フィルターを取り外し、掃除機でおおまかにホコリを吸います。
シャワーでサッと流します。
古歯ブラシに食器用洗剤をつけタテ、ヨコにこすります。
よくすすいだら、自然乾燥の後、取り付けておわりです。

2週間に一度がおすすめです。定期的に行なうと省エネにもなりますよ。

ページの上部へ戻る

床に付いたガムの取り方
■用意するもの ビニール袋、氷、お好み焼きのコテ
手順
ビニール袋に氷を入れ、ガムの上に置きます。
そのまま3分ほど待ちます。(ガムが固くなるまで)
ガムが固まったら、コテでやさしくはがします。
床をキズつけないように注意して!
最後にキレイに水拭きして完了です!

よく冷やしてガムを完全に固めるのがコツですよ。

ページの上部へ戻る

トイレの黄バミの取り方
■用意するもの トイレ用洗剤、トイレットペーパー、柄付きブラシ、ゴム手袋
手順
トイレ用洗剤を黄バミにふりかけて、スグにその上からトイレットペーパーを貼り付けます。
10分ほど洗剤がなじむのを待ちます。
その後、柄付きブラシでこすります。
最後に水を流して終了です。

これで落ちなければプロの出番ですね(^^;

【注意】
※他の洗剤とまぜないように注意してください!
※ゴム手袋が必要です。
※換気をよくして行って下さい。

ページの上部へ戻る

メラミンフォームについて
メラミンフォームとはホームセンターや100円ショップなどでおなじみの白いハイテクスポンジのことです。(激落○くん、べっぴん○ん等の商品が有名です。)
さて、このハイテクスポンジを何処に使用するかと言うと、ズバリスイッチ、コンセントまわりです。ホコリや手あかによる黒ずみがみるみる落ちますよ。
あとは、蛇口まわりのせっけんカスなどにもかなり有効ですし、照明器具の黒ずみなどにも使えます。
他にもいろいろ使えるので常備すると便利ですよ。
ページの上部へ戻る

ブラインドの洗い方
■用意するもの ゴム手袋(薄手のもの)、軍手、マイペット
手順
まず、ハタキや掃除機でホコリを落としておきます。
水4リットルにマイペットをキャップ1杯入れます。
ゴム手袋を手にはめ、その上から軍手をはめます。
その手を先ほど作った液に浸し、染み込ませます。
指の間にブラインドをはさみ、拭いて行きます。
汚れが取れない場合は4〜5を繰り返し行ないます。
終わったら、乾いた軍手にはめ換えカラぶきします。
拭きあとが無くなったら終了です!

ブラインドは優しくあつかって下さいね!


個人情報保護について サイトマップ ページの上部へ戻る
Copyright(C)2007 E-field. All rights reserved.