E-field イーフィールド

エアコンが臭い原因とはのご案内


HOME>エアコンが臭い原因とは
エアコンが臭い原因とは
臭い原因1 カビ

エアコン室内機には室外機によって冷やされた冷媒が送られてきます。その冷媒の通り道に風を当てて冷たい風を作るのが室内機の役割です。その時にどうしても発生してしまうのが結露です。暖かい湿った空気が冷たいアルミフィンに当たるわけですから、どうしても水が発生してしまいます。冷たいビールジョッキの表面がしだいに汗をかくのとまったく同じ原理です。ジョッキの場合はすぐに拭けばそれで済みますが、エアコンの場合はちょっと厄介です。


エアコンには結露した水を受けておくドレンパンというものがありますが、そこに水が溜まったままの状態が続くと格好のカビの繁殖場所になってしまうのです。そして、ある一定の量に繁殖したとき急に「カビ臭い」と感じられるようになります。カビ臭さを感じないようにするためには、カビの繁殖を定期的抑える必要があります。


臭い原因2 タバコ

エアコン室内機は、室内の空気を吸っては吐く、吸っては吐くを繰り返し行なっています。そのため、エアコン内部の環境は室内環境に大きく影響されます。
残念ながらタバコの煙はエアコンフィルターをすり抜けるため、エアコン内部まで入り込み様々な場所に張り付きます。そしてヤニの臭いを発生します。ヤニで汚れたエアコン内部を通った風がでてくるため、エアコンをつけると室内の臭いが増幅したように感じられます。


臭い原因3

厨房に近い場所のエアコンやカウンター付近では油汚れによる臭いもでます。汚れ方は換気扇と同じ様な感じで、臭いもよく似ています。また、粘着性の汚れなのでホコリなどの他の汚れを絡め取ってしまう為、熱交換器の効率をどんどん落としてしまいます。


臭い原因4 ペット

ペットを扱うお店様では、エアコン内部にまでペットの毛が入り込んでしまい臭いの原因となっています。


臭い原因5 ホコリ

人の出入りが激しい場所や換気が不十分な場所ではエアコンが吸い込んだ大量のホコリが原因で掃除機のような臭いがすることがあります。


注意
他に、これらの汚れが複合的に組み合わさって出る臭いや、幹線道路沿いでは排気ガスによる影響を受ける場合があります。


個人情報保護について サイトマップ ページの上部へ戻る
Copyright(C)2007 E-field. All rights reserved.